【大学生必見】おすすめの資格試験とその勉強方法とは?

勉強

親元を離れた大学生活にも慣れてくると、アルバイトやサークル活動といった新しいことにも、どんどんチャレンジしたくなりますよね。

なかには、社会人になる準備として、「資格試験の勉強をしよう!」と考えている人も多いでしょう。

しかし、何か学びたいという熱意はあるものの、
「資格試験がありすぎて選べない」
「勉強方法が分からない」
と頭を悩ませていませんか?

この記事では、どの資格試験の勉強をしようか決めかねている大学生のために、おすすめの資格試験と勉強方法についてご紹介します。

大学生におすすめの資格試験

自分の興味のある分野や就職したい業種が定まっていない場合、無理に難易度の高い資格試験に挑戦する必要はありません。

まずは、初級レベルから勉強を始めてみましょう。
そのなかで「この分野、自分に向いてるかも」と感じるものがみつかれば、さらに上級資格試験へとステップアップしていきましょう。

最初のステップとして大学生におすすめなのが、

  1. ファイナンシャル・プランニング技能検定3級
  2. ITパスポート試験
  3. 日商簿記検定3級

の3つです。
それぞれの資格試験について詳しく説明していきます。

(1)ファイナンシャル・プランニング技能検定3級

「ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下、FP検定)」は、金融資産の運用や税金、年金、保険、不動産、相続などに関するお金の基礎知識があることを証明する試験です。

国家試験であり、「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」が実施しています。

試験は、学科試験と実技試験の2つです。
両方に合格すれば、「FP技能士」を名乗ることができます。
お金に関する幅広い知識を習得できるため、社会人になる前に取っておいて損はない資格です。

2級まで取得できれば、銀行や保険会社といった金融業界や不動産業界での就職の際に役立つといわれています。

名称ファイナンシャル・プランニング技能検定3級
試験日程統一テスト:年3回開催(1月・5月・9月)
受験料学科試験:3,000円
実技試験:3,000円
試験時間120分
合格基準正答率60%以上
合格率(日本FP協会)【学科】2021年05月:83.2%
    2021年01月:87.9%
    2020年09月:89.6%
【実技】2021年05月:76.6%
    2021年01月:86.5%
    2020年09月:88.0%
合格率(金融財政事情研究会)【学科】2021年05月:47.8%
    2021年01月:63.7%
    2020年09月:69.2%
【実技】2021年05月:53.1%
    2021年01月:57.2%
    2020年09月:47.0%
上位資格FP2級・1級、AFP、CFPなど
公式サイト日本FP協会:https://www.jafp.or.jp/
一般社団法人金融財政事情研究会:https://www.kinzai.or.jp/

(2)ITパスポート試験

「ITパスポート試験」は、ITに関する基礎的な知識があることを証明する国家試験です。

AIやビッグデータといった新しい技術に関する知識をはじめ、セキュリティやネットワーク、それに関連した経営戦略やマーケティングなどの総合的なIT知識が問われます。

試験は、全国の試験会場でCBT方式(※1)によって、随時実施されています。
空きがあれば、申込日の翌日に受験することも可能。
 (※1 CBT方式:コンピュータを利用して実施する試験方式のこと。)

ITパスポート試験の勉強を通じて、社会人として必要なITの基礎的能力が身につきます。
今やITの知識は、どの業界においても必須とされています。
理系だけでなく、文系の大学生も学んでおくべき内容です。

上位資格である「基本情報技術者」や「応用情報技術者」まで取得できれば、IT業界への就職活動の際に、アピールポイントとなります。

名称ITパスポート試験
試験日程随時実施
受験料5,700円(2022年4月から7,500円)
試験時間120分
合格基準総合評価:正答率60%以上
かつ
分野別評価:全分野にて正答率30パーセント以上
合格率2021年8月:54.5%
2021年7月:54.9%
2021年6月:58.5%
上位資格基本情報技術者、応用情報技術者など
公式サイトhttps://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

(3)日商簿記検定3級

「日商簿記検定3級」は、購買活動や販売活動をする上で欠かせない商業簿記に関する基礎知識を問う民間試験です。

そもそも「簿記」とは、“ 業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能”のこと(日本商工会議所公式サイトより引用)。

日商簿記検定3級の勉強を通じて、経理に必要な知識だけでなく、経営成績や財政状態をまとめた財務諸表を読み解く力や基礎的な経営管理に関する知識を養えます。
経理以外の仕事でも役に立つこと間違いなしです。

2級まで取得すれば、金融業界やコンサル業界、経理職や財務職を目指すときに、他の就活生との差別化を図れます。
難関といわれている1級にまで合格すると、税理士試験の受験資格が得られます。

名称日商簿記検定3級
試験日程ペーパー方式:年3回開催(2月・6月・11月)
CBT試験方式:随時実施
受験料ペーパー方式:2,850円
CBT試験方式:3,400円
試験時間60分
合格基準正答率70%以上
合格率2021年06月:28.9%
2021年02月:67.2%
2020年11月:47.4%
上位資格日商簿記検定2級・1級、税理士、公認会計士など
公式サイトhttps://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class3

資格試験の勉強方法

どの資格試験においても、勉強が必要です。
こちらでは、おすすめの勉強方法を3つご紹介します。
最後に比較表も掲載していますので、参考にしてみてくださいね。

おすすめの勉強方法3選

1)市販のテキスト&問題集

資格試験対策用のテキストや問題集を買えば、自分一人でも勉強できます。

テキストは、必要な情報のみを盛り込んだシンプルなものから、図解でカラフルに分かりやすく解説したものまで、さまざまなタイプがあります。

書店に足を運んでテキストの中身を確認し、読みやすいと感じるものを購入しましょう。
その際、最新版のテキストを購入するようにしてください。
特に中古で買おうとしている方は、表紙に書かれている対応年度を必ず確認しましょう。

法律の改正や情勢に合わせて、試験内容は毎年少しずつ変わっていきます。
そのため、古いテキストでは、受験範囲をカバーできない恐れがあります。

2)学内講座

学内講座で学ぶという方法もあります。
大学生向けの講座ですので、同じ目標を志す同年代の仲間とも出会えます。

費用は数万円〜です。
まずは、通っている大学の生協でパンフレットをもらいましょう。

学内講座選びの際は、説明会に参加するだけでなく、友達や先輩などに受講した経験がある人がいれば、詳しく話を聞いてみることも大切です。

3)オンライン学習サイト

学内講座が続くか不安な方は、まずはオンライン学習サイトを利用してはいかがでしょうか。

買い切りやサブスクなどさまざまな料金形態がありますが、数千円〜から学べます。
受講期限は設けられていませんので、自分のペースで学べるのも魅力でしょう。

オンライン学習サイト「オンスク.JP」では、進捗管理や問題演習のサービスも提供されています。無料でお試し登録ができますので、一度どんなコンテンツがあるのか覗いてみましょう。

それぞれの勉強方法の比較

ご紹介した3つの勉強方法の特徴を表にまとめました。
それぞれを比較してみて、自分に合った方法で勉強しましょう。

市販のテキスト
学内講座
オンライン学習サイト
(オンスクの場合)
費用数千円程度数万円程度数千円程度
勉強の
進めやすさ
自分で
スケジューリング
カリキュラムに
沿って実施
講義進捗率を
自動で管理
注意点古いテキストではなく、最新版のテキストを購入する費用や時間的制約が生じるため、受ける前によく検討する自動更新のため、不要になったら解約手続きが必要
向いている人自分でスケジュールを立て、継続的に勉強できる人受験する意志は固いものの、一人では続けられる自信がない人どんな内容なのか、とりあえず試しに勉強してみたい人

まずは【オンスク.JP】を試してみよう!

大学生におすすめの資格試験

  • フィナンシャル・プランニング技能検定3級
  • ITパスポート試験
  • 日商簿記検定3級

大学生におすすめの資格試験を3つご紹介しました。

最初にチャレンジする資格試験として取りかかりやすく、数ヶ月間の勉強で十分合格を目指せます。
社会人の基礎知識としても、大いに役に立つでしょう。
新しいことを学びたいと思っている方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

資格試験に向けて勉強をするには、

  • 市販のテキスト
  • 学内講座
  • オンライン学習サイト

といった方法があります。

自分一人でも学習計画を立てて勉強できる人は、市販のテキストを使った学習でも合格を狙えます。
自信がない人は、学内講座やオンライン学習サイトを活用しましょう。

オンライン資格学習サービス【オンスク.JP】なら、月額1,078円でご紹介した3つすべての勉強ができます。

それぞれの勉強内容を詳しく確認してみたいという人にもおすすめです。
受けられる講座の種類は50以上ありますので、他の講座もぜひチェックしてみてください!

▽大学生の学びを後押しする【オンスク.JP】の詳細は、コチラをクリック▽